ピカピカな調理器具

>

定期的にメンテナンス

素材別お手入れ

ステンレス素材は、お手入れが簡単な素材です。
焦げ付き汚れをとるときは、重曹を入れた水で10分~30分煮沸し、さわれるくらいまで放置したら、スポンジで洗いましょう。
アルミは、焦げ付きやすい素材です。
アルミは、お酢を大さじ1くらい入れた水で煮沸させます。
冷めてからスポンジなどでこすってください。
しかし、アルミは酸に弱いのでお酢を入れすぎないようにしましょう。
ホーローは丈夫な素材です。
こちらは、重曹をいれた水で煮沸し、冷めたらスポンジでこすって汚れを落としてください。
鉄は熱伝導率が高い素材です。
鉄の場合は、空焚きしたあとに、金属のヘラなどでこすって汚れをおとしましょう。
テフロン加工などの加工されている素材は、コーティングがされているということですので、強くこすってしまうと剥がれてしまいます。
この素材自体は、焦げ付きにくい素材なので柔らかいスポンジでこするくらいで十分です。

それでも落ちない頑固な汚れ

素材別のお手入れ方法を先に紹介しましたが、ほとんどが、重曹やお酢などでとることができます。
それでもとれないという、頑固な汚れについてはどうするか紹介します。

漂白剤なら、しつこい汚れも落とすことができます。
しかし、一般的にキッチンで使われているキッチンハイターとは違います。
キッチンハイターなどは、塩素系の漂白剤です。
ここで使用するのは、酸素系の漂白剤です。

酸素系漂白剤とは、どのようなものかというと、一般的に知られているのが、ワイドハイターなどの色物用の漂白剤になります。
これを、重曹のように水にいれて煮沸することできれいになります。
ただ、泡立ちが沸騰することにより大きくなりますので煮沸中は目を離さないようにしましょう。